Décalcomanie

デカルコマニー (Décalcomanie)

紙と紙の間などに絵具を挟み、再び開いて偶発的な模様を得る技法で、「仏: décalquer」(転写する)に由来する。

元は陶器やガラスの絵付け技法であったが、オスカー・ドミンゲスが絵画に導入した。シュルレアリスムの画家たちの間では、フロッタージュなどとともにオートマティスムの一つの手法として広まり、特にマックス・エルンストによる作品が著名である。

ウィキペディア(Wikipedia)より引用

About liquid lighting

1960年代後半のサンフランシスコ・サイケデリック・ムーブメントから生まれた。

液体を使ったステージ照明。OHP(Overhead Projector)上で、透明なカラーインク・着色油等の液体を動かして、リアルタイムに極彩色サイケデリック映像を照射する。

リキッドライティングを使ったサイケデリック・ライトショーは当時のロック・コンサートに欠かせないものだった。

ライトペインティングのビルハム、ジョシュアライトショーのジョシュアホワイトが、ライトショーのパイオニアとして有名。